DVD保存とテープ保存を比較

テープの再生機器の消滅

 今問題になりつつあるのが、8ミリ(Hi8を含む)ビデオで撮影した記録。一世を風靡した8ミリビデオはデジタルビデオにとって変わられてしまい、今ではほぼなくなってしまいそうな勢いです。この流れは新聞などにも記事が大きく掲載されており、高画質再生ができるビデオデッキは何年も前に製造中止となってしまいました。今では、カメラが細々と売られている状態。これも、いつ製造中止になるか分からないですよね。今、ご家庭にある8ミリビデオカメラも、購入からずいぶん時間がたっていて、多くの家庭のカメラがこれからだんだん故障してしまうでしょう。故障したからといって、修理してもいつまでもつか保証はできないですよね。修理するにも、購入から10年以上たったらとても難しくなってしまいます。このことは遠からず、VHSにもおきてくる問題だといえます。これを暗示するかのように、電気店にはすでにVHSビデオレコーダーの高機能機は置いてはいません。全て低価格機ばかりが売られています。新聞で掲載されたデータでも、DVD機器が台数を増やしVHSビデオレコーダーは減少しているのです。

 それに、保存のためにテープからテープにコピーしても、映像は劣化してしまいます。撮影したビデオテープから、保存のためにVHSに録画編集される方がいると思うのですが、その場合コピーすると画質がかなり落ちてしまいます。ビデオカメラがそろそろ壊れそうだから、とりあえずVHSにコピーする方法は、画質が劣化するという理由とVHSも最終的にはなくなってしまう製品だということからお勧めすることは到底できません。デジタルビデオ(miniDVなど)も、普通のVHSテープにコピーして保存しないほうがよろしいと思います。デジタルビデオの高画質性能を活かすことができないからです。デジタルビデオからVHSテープにコピーした場合、解像度は約半分になってしまいます。それよりも、大容量・高画質のDVDにコピーする方が安全なのは一目瞭然ですよね。

電気機器の故障は必然

 電器機器は、使わずにいても突然故障することがあります。ビデオカメラで子供や家族を撮るのは、多くの場合子供が小さいときだけではないでしょうか。壊れたからといって、再生して見るだけのために修理しても、撮影はもうしないのであれば少々勿体ない気がしますよね。電気機器が故障してしまうのは、どのご家庭でも起こり得る可能性があることです。劣化のことも、ビデオカメラが壊れることも理解している方もいらっしゃるとは思います。いつか、DVDレコーダーを買って自分でコピーしようと思っている方も、当然いらっしゃると思います。でも、いざDVDレコーダーを買ってDVDにコピーしようとしたとき、自分の家庭のビデオカメラが壊れていてコピーできないということにもなりかねないのです。自分でコピーしようと思っているなら、なるべく早くコピーすることをお勧めします。そのときは、DVDへのコピーをご検討ください。

 最近では、子供も大きくなってしまいビデオを撮る機会もなくなったという人も、今子育ての真っ最中という人も中にはいらっしゃると思います。でも、自分が愛情を注いだ、また注いでいるときの思いでは、決して忘れてしまうものではありませんよね。そういった大切な思い出を、この先映像という形で残していれば、いつか思い出話にも花が咲くというもの。決して忘れてはならない大切な思い出を、劣化することのないDVDという保存方法でこの先ずっと残しておくことは、とても必要なことです。

Copyright (C) 2008 DVD製作情報のING.All Rights Reserved.