DVDのメリット

ここが優れているDVD

 DVDに書き換えると、ビデオテープにはないさまざまなメリットがあります。たくさんありますが、主なものを挙げてみたいと思います。まず、DVDはビデオテープと比べると、長期間画像が劣化しないから安心して保存できます。パソコンで再生できない人でも、DVDプレーヤーで簡単に再生することが可能で、プログレッシブ再生によりチラツキの少ない高画質の表示も実現できます。バックアップとしてDVDに保存しておけば、もし今お持ちのビデオカメラが故障しても安心ですよね。それに、デジタルビデオを見るときのようなカメラの準備や配線が必要ないので便利です。見たい場所もすばやく探し出せるのでストレスがなく鑑賞することができるし、ビデオテープと比べてもコンパクトなので収納が楽になります。

ポスターや写真を沢山印刷して見るのが好き、という方も収納にお困りではありませんか?データとして保管すれば、邪魔になりませんよ。このポスターは印刷したい!!と思ったものだけ印刷するようにしましょう。

長期間、画質が劣化しないのは本当か

 DVDの理論的なディスク寿命は、100年といわれています。製造メーカーのホームページの性能表にも、一時期「寿命100年」と表記されていたほどです。最近は100年もたないという意見がありますが、それでも一般的な使用状態では30〜100年とするのが妥当のようです。実際には、保管している部屋の温度や湿度、光の強弱によって変わってしまうのですが、きちんとした扱いをすれば100年は無理としても、かなり長期間保存することが可能だと思います。画質の劣化がなければ、ほぼ半永久的に保存することが可能なのです。

DVDの再生について

 DVDの再生でいちばん特徴的なのは、飛び越し再生ではないでしょうか。見たい画面まで素早くアクセスすることができるので、とても楽です。また、一時停止などの特殊再生がたいへん美しくできていて、飛び越し再生とこの特殊再生はビデオテープでは決してマネできない機能だと思います。

 デジタルビデオの専用デッキは非常に高価で、購入されている人は少ないのではないでしょうか。そのため、再生して見るためにはビデオカメラを用意し、テレビとビデオケーブルで配線を行わなければなりません。それが面倒なため、VHSテープにコピーして見ている方も多いと思います。しかし、デジタルビデオの画質よりVHSの方は断然画質は悪いので、保存用としてテープを使うのは向いていないのです。現状では、デジタルビデオはDVDにコピーする以外に、高画質で長期保存する方法はないでしょう。

ビデオカメラの故障

 ここでのビデオカメラとは、8ミリビデオのことです。8ミリビデオはすでに過去の製品ですので、昔撮影したビデオを見ようとしたとき、もし故障していたら「修理」ということになってしまいます。しかし、修理してもいつまでももつか保証はできないですよね。だからこそ、DVDに記録換えしておけば、いつ故障してもまったく心配がないわけです。カメラで再生できるかどうかを心配する前に、再生することを考える必要もありません。

 各ビデオテープとDVDの大きさを比較してみると、だいたいDVDの方が大きいといえます。DVDより大きなテープは、VHSテープになるでしょうか。他の種類のテープよりかは、DVDの方が大きいのです。いろんな種類のテープをお持ちの方は、大きさが一定しているDVDの方が収納しやすく便利でしょう。

Favorite

iphone 修理
http://www.castle-iphone.com/

Last update:2015/1/22

Copyright (C) 2008 DVD製作情報のING.All Rights Reserved.