DVD製作について(3)

DVD制作方法

 ビデオテープからDVDにダビングするDVD制作方法には、いくつかの種類があります。ここでは、「単純にコピーするダビングタイプの制作 」「市販のDVDのような操作性・見栄えの良いDVDを作るDVD制作タイプ」「バソコンで編集するのに便利なMPEGタイプ」の3種類の方法をご紹介したいと思います。

MPEGタイプのDVD制作

 このMPEGタイプのDVD制作方法は、ビデオテープの最初から最後までパソコンで編集できるMPEG2仕様でダビングを行います。そのため、チャプターの設定はできません。また印刷などの装飾もなく、一般のDVDプレーヤーで再生することもできません。MPEGタイプは、ビデオテープの映像をデジタル化して、パソコンで編集できるMPEGデータとしてDVDに書き込みを行います。そのままパソコンで鑑賞することもできるし、または編集してオーサリングソフトを使いDVD Videoを制作することも可能です。

・MPEG使用のDVD制作

 一本のビデオテープから、一枚のDVDに変換データの書き込みを行います。DVDにはチャプター構成、「タイトル画面」、「チャプター画面」は構成することができません。また、DVD表面印刷、チャプター画面の縮小印刷、ケースラベルの全ての印刷もありません。MPEGという仕様では、タイトル画面を作成することができない上、また、一般的にDVDプレーヤーでの再生も行うことはできません。パソコン上に保存したいとか、MPEGに変換したデータを使って自分で映像を編集したりする場合は、この制作方法が適しています。

・自分で編集を行う場合

 自分で編集する場合は、別途編集のためのソフトや、DVDビデオを作成する場合のオーサリングソフトが必要になります。DVDに書き込むためにはDVD書き込み装置とライティングソフトも必要となります。このMPEG使用を希望する場合、パソコンなどで編集することが目的の方が多いと思いますので、パソコン内で処理するのに適したMPEG2という形式の画像データとして利用した方がいいでしょう。チャプター構成がありませんので、チャプターを使った飛び越し再生もありません。

Copyright (C) 2008 DVD製作情報のING.All Rights Reserved.